興行ビザ 取得

行政書士 無料相談


興行ビザとは


歌手・演奏家


ダンサー


振付師・インストラクター


俳優・女優


モデル


スポーツ選手


興行ビザ取得基準


申請に必要な書類


興行ビザQ&A


企業の皆様へ


興行ビザ 申請実績


入国管理局一覧

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 興行ビザ取得基準
興行ビザ 取得
■比較的大きな施設での興行の場合

次のいずれかに該当していることが必要です。

我が国の国若しくは地方公共団体の機関、我が国の法律により直接に設立された法人若しくは我が国の特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人が主催する演劇等の興行又は学校教育法に規定する学校、専修学校若しくは各種学校において行われる演劇等の興行に係る活動に従事しようとするとき。

「特別の設立行為をもって設立された法人」とは、NHKなどの特殊法人を指します。

我が国と外国との文化交流に資する目的で国、地方公共団体又は独立行政法人の資金援助を受けて設立された本邦の公私の機関が主催する演劇等の興行に係る活動に従事しようとするとき。

外国の情景又は文化を主題として観光客を招致するために外国人による演劇、演芸、歌謡、舞踊又は演奏の興行を 常時行っている敷地面積10万u以上の施設において当該興行に係る活動に従事しようとするとき。

客席において 飲食物を有償で提供せず、かつ、客の接待をしない施設(営利を目的としない本邦の公私の機関が運営するもの又は客席の定員が100人以上であるものに限る。)において演劇等の興行に係る活動に従事しようとするとき。

当該興行により得られる報酬の額(団体で行う興行の場合にあっては当該団体が受ける総額)が 1日につき50万円以上であり、かつ、15日を超えない期間本邦に在留して演劇等の興行に係る活動に従事しようとするとき。

興行ビザ
興行ビザ 取得