興行ビザ 期間

行政書士 無料相談


興行ビザとは


歌手・演奏家


ダンサー


振付師・インストラクター


俳優・女優


モデル


スポーツ選手


興行ビザ取得基準


申請に必要な書類


興行ビザQ&A


企業の皆様へ


興行ビザ 申請実績


入国管理局一覧

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 興行ビザQ&A
興行ビザ

■興行ビザが該当するのはどんなケースですか?

■興行ビザで認められる在留の期間はどの位ですか?

■出演施設について何か注意することはありますか?

■出演者用の控室について、特に制限はありますか?

■ミュージカル公演での振付師をよびたいのですが、本人は出演しません。その場合でも興行ビザに該当しますか?また、公演日の前に帰国する予定ですが大丈夫でしょうか?

■アメリカ人ミュージシャンをよぶときは、プロダクションと本人との専属マネージメント契約があればいいですか?

■許可が出るまでの審査の期間はどのくらいですか?コンサート会場をおさえており、公演に間に合うかどうか心配です。

■現在、留学生ですが、歌手を目指してレッスンに通っており卒業後、芸能プロダクションと契約してもらうことになっています。デビューに向けて頑張りたいと思いますが、興行ビザの変更は可能でしょうか?

■昨年イベント企画会社をはじめました。今回、海外の演奏グループを日本によんで、ジャズバーのようなところで演奏してもらいたいと考えています。自分でも色々と調べたところ、どうやら「興行の業務をして3年以上の経験を有する経営者又は管理者がいること」が必要ということがわかりました。うちの会社では3年以上の経験をもつ者がおりませんので困っています。何か方法はないでしょうか?

■海外の演奏家に野外コンサートのチャリティイベント(報酬なし、滞在費用のみの支払)への出演を依頼して、来てもらおうと考えています。こんなときでも観光ビザでなく、興行ビザが必要ですか?


■興行ビザが該当するのはどんなケースですか?

例えば、ミュージシャン、舞踏家、俳優、プロスポーツ選手、演劇、演芸、演奏、モデル、ファッション・ショーその他の興行活動を行う場合、映画、テレビ、コマーシャル等に出演する為に雇用され芸能活動を行う場合などです。

出演者本人はもちろん、その興行活動と密接不可分な活動も含まれます。例えば、オーケストラの指揮者やスポーツ選手のトレーナーなどです。

■興行ビザで認められる在留の期間はどの位ですか?

興行ビザは、「3年」「1年」「6ケ月」「3ケ月」「15日」の4種類です。

ただ、3年や1年の興行ビザがもらえるのは、外国人力士や演奏家などの実績のある方々がほとんどで、基本的には6ケ月や3ケ月のビザを更新していくケースが多くなるのが現状です。

■出演施設について何か注意することはありますか?

出演施設には、公演にふさわしい舞台装置が整っている必要があります。

加えて、その舞台装置を操作する人材が確保されているか、衣装やメイクなどの演出のための準備ができているかといったことも大きなポイントとなってきます。

■出演者用の控室について、特に制限はありますか?

控室についても、まずは、イスやロッカーや鏡など一般的に休憩できる環境が備わっている必要があります。

また、基本的には出演施設と同一建物内にあり、かつ、客から見えないことなど、その他にも細かく条件が決まっておりますので、一度ご相談下さい。

■ミュージカル公演での振付師をよびたいのですが、本人は出演しません。その場合でも興行ビザに該当しますか?また、公演日の前に帰国する予定ですが大丈夫でしょうか?

はい。直接公演に出演することがなくても、裏方として公演に係る活動をおこなっていれば興行ビザに該当します。

振付師ということであれば、必ずしも公演当日までいなくてはいけないということはありません。

■アメリカ人ミュージシャンをよぶときは、プロダクションと本人との専属マネージメント契約があればいいですか?

専属マネージメント契約のほか、各出演先との契約書も必要になることもあります。

■許可が出るまでの審査の期間はどのくらいですか?コンサート会場をおさえており、公演に間に合うかどうか心配です。

審査の期間は通常1ヶ月から3ヶ月くらいですが、興行の場合、公演場所や日時が具体的に確定していれば、そのあたりを逆算、考慮し間に合うように許可を出してくれる場合もあります。

とはいえ、ギリギリの申請はリスクが高いので、出来るだけ余裕をもって申請したほうが良いでしょう。

■現在、留学生ですが、歌手を目指してレッスンに通っており卒業後、芸能プロダクションと契約してもらうことになっています。デビューに向けて頑張りたいと思いますが、興行ビザの変更は可能でしょうか?

プロダクションとの専属契約があるというだけでは、難しいと思います。興行ビザの要件として具体的な活動場所や日程などが明確に示す必要があります。(TV番組の出演先、ライブハウスでの公演等)

■昨年イベント企画会社をはじめました。今回、海外の演奏グループを日本によんで、ジャズバーのようなところで演奏してもらいたいと考えています。自分でも色々と調べたところ、どうやら「興行の業務をして3年以上の経験を有する経営者又は管理者がいること」が必要ということがわかりました。うちの会社では3年以上の経験をもつ者がおりませんので困っています。何か方法はないでしょうか?

条件付きではありますが今回、演奏される外国人の方々の在留期間が15日以内であり、さらに1日にあたりの報酬が50万円以上(団体が受ける総額)であれば"3年以上の経験"という要件を満たす必要はなくなります。

※1号(飲食店や比較的小さな会場など)ではなく2号(比較的大きな会場)の要件に該当するためその他の要件も緩和されます。

■海外の演奏家に野外コンサートのチャリティイベント(報酬なし、滞在費用のみの支払)への出演を依頼して、来てもらおうと考えています。こんなときでも観光ビザでなく、興行ビザが必要ですか?
このようなケースは、入国管理局でも見解が分かれるポイントです。
まず、本当に完全無償なのか、チケットやグッズ等の興行収入は一切ないのかという点のほかに、イベントの規模や開催会場も大きく関係してきます。
ただ最近では、これまで興行ビザではなく観光ビザでこうした活動を行っていた外国人タレント、アーティストや運営会社について厳しく指導が入るケースが出てきています。
場合によっては今後の活動にも影響が出てしまう恐れもありますので、当社ではきちんと興行ビザを取得されることをおすすめ致します。
興行ビザ
興行ビザ 期間