興行ビザ インストラクター

行政書士 無料相談


興行ビザとは


歌手・演奏家


ダンサー


振付師・インストラクター


俳優・女優


モデル


スポーツ選手


興行ビザ取得基準


申請に必要な書類


興行ビザQ&A


企業の皆様へ


興行ビザ 申請実績


入国管理局一覧

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 振付師・インストラクター
興行ビザ インストラクター
■振付師・インストラクターが取得する興行ビザとは?

日本国内にて振付師やインストラクターとして報酬を得て、活動を行おうとする場合は、「興行ビザ」の取得が必要になります。振付師やインストラクターの場合、自ら興行するわけではありませんので、「芸術ビザ」に該当する可能性もあり、どのような活動を日本で行うかを明確にする必要があります。

この「振付師やインストラクターの活動」も、様々なケースが考えられ、コンサート・ライブに出演する方への振付やインストラクター、クラブやバー、キャバレーでのイベントに出演する方への振付やインストラクター、ビデオ撮影、テレビ出演、CM撮影のため振付やインストラクターなどが該当します。

■振付師・インストラクターは3種類の興行ビザに分類

振付師・インストラクターの方が取得する興行ビザは、主に3種類に分類されています。

@

コンサートホール・ホテル・スタジアム・テーマパーク・野外イベント会場などの比較的大きな施設・会場にて開催されるイベント等に出演する人の振付やインストラクターを行うケース

基準

書類

A

クラブやバーなど比較的小さな施設・会場にて開催されるイベント等に出演する人の振付やインストラクターを行うケース

基準

書類

B

プロモーションビデオ撮影、テレビ番組出演、CM撮影等に出演する人の振付やインストラクターを行うケース

基準

書類

興行ビザ
興行ビザ インストラクター