興行ビザ 申立書

行政書士 無料相談


興行ビザとは


歌手・演奏家


ダンサー


振付師・インストラクター


俳優・女優


モデル


スポーツ選手


興行ビザ取得基準


申請に必要な書類


興行ビザQ&A


企業の皆様へ


興行ビザ 申請実績


入国管理局一覧

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 興行ビザ・申請書類一覧
興行ビザ 申立書

1

在留資格認定証明書交付申請書

2

写真(縦4cm×横3cm)

3

申請人の経歴書

4

申請人の活動に係る経歴を証する文書

5

契約機関の資料

@

登記事項証明書

A

直近の決算書(損益計算書、貸借対照表など)の写し

6

施設の概要資料

@

営業許可書の写し

A

施設の図面(間取りなど)

B

施設の写真(客室、控え室、外観など)

7

興行に係る契約書の写し

※申請人と契約機関との契約書のほか契約機関と施設運営側との契約(出演に関する)契約書も含みます

8

申請人の日本での活動内容を証する文書

(活動内容、機関、地位、報酬が記載された雇用契約書、出演承諾書など)

※報酬の支払い時期や支払い方法を明示し、報酬から控除される費用などがある場合は、その額と算定根拠を明示したものが必要になります

9

興行契約に基づいて演劇等の興行に係る活動を行う場合は以下の文書

@

契約機関の経営者又は管理者と常勤の職員の名簿(5名以上が必要)

A

契約機関の経営者又は管理者が興行に係る業務を通算3年以上経験していることを証する資料

B

申立書(以下の者に該当していないことを申し立てる文書)

・人身取引等を行い又はこれを助けた者

・過去5年間に外国人に不法就労活動させた者、又はあっせん行為を行った者

・過去5年間に当該機関の事業活動に関し、外国人に不正に許可を受けさせる目的で、文書・図画を偽造、変造し、虚偽の文書や図画を作成したり、または譲渡若しくは貸与のあっせんをした者

・売春防止法等の罪により刑に処せられ、その執行を終わり、執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者

・暴力団員、又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

10

契約機関が過去3年間に締結した興行契約に基づいて在留する外国人に対し報酬を全額支払っていることを証する次のいずれかによる文書

@

興行契約に係る契約書の写し

A

上記外国人が書類を受けたことを証する領収書、銀行口座への振込記録(写し)

B

給与台帳等報酬を支払ったことを証する会計帳票(写し)

C

非居住者・外国法人の取得についての所得税徴収高計算書(納付書)等の納税関係書類

D

決算書及び法人税申告書(写し)

11

出演施設を運営する機関に関する次の資料

@

登記事項証明書

A

直近の決算書(損益計算書、貸借対照表など)の写し

B

施設概要案内、写真など

C

申立書

12

滞在日程表・公演日程表・公演内容を知らせる広告・チラシなど

興行ビザ
興行ビザ 申立書